地域密着型デイサービスえにし|宜野座村 理学療法士が常駐!楽しみながら機能回復できるデイサービス

基本理念

①利用者の「自立支援」および「尊厳ある生活」を目指すため、常に利用者・ご家族の要望を確認し、安心・安全・適切なサービスの提供を図ります。
②地域に対して「福祉」を通じ、『信頼』が得られるよう社会的責任を果たしてまいります。
③従業員が、自発的(自己選択・決定・遂行)に仕事に取り組めるよう、知識・技術向上のための情報提供や働きやすい職場づくりを構築していまいります。
④経営基盤の安定・健全化を図り、持続的成長ができる事業所をつくります。

楽しみながら機能回復できるデイサービス

自分に合ったプログラム。だから自分のペースで継続できる!

地域密着型デイサービスえにしの『機能改善練習』は利用者の健康状態、心身機能・活動機能、家族の思いや考えに応じ、専門職員協同で利用者一人ひとりの練習計画を作成し、機能改善練習を実施します。 なによりも『利用者一人ひとりのペースで継続できる』ことを大切にしています。

楽しみながら機能回復できるデイサービス

楽しみながら機能回復できるデイサービス○ 個別機能改善練習
・ 膝や腰、首の痛みなどの改善を図ります。
・ 足のむくみなどの改善を図ります。
・ 動きやすい体を作るために、筋力増強を図ります。
・ 関節が動きづらくならないための運動を行います。
・ バランス向上のための運動を行います。
○ 生活動作改善練習
・ 起きやすい動作の獲得やバランスのとれた座位保持の練習をします。
・ 歩行動作の安定や、段差やスロープの安全な歩行獲得を行います。
・ 自宅での生活が安定するよう入浴 ・ 食事 ・ 排泄 ・ 更衣動作の練習を行います。
○ 脳の活性化運動
・ 脳トレーニングや計算問題、手の指を使った運動を多く取り入れ、刺激ある活動を提供していきます。
⇒上記以外にも、利用者様が楽しんでいただけるよう、多くの活動を準備しています。

地域密着型デイサービスえにしとは地域密着型デイサービスえにしとは

基本理念

徒手

関節可動域練習=関節の拘縮(硬くなる)を予防・改善する運動です。

リラクゼーション・マッサージ=皮膚や筋・関節等へ刺激を加え、緊張している筋やそれにより引き起った関節の異常に対して、できる限り痛みを伴わないように緊張を緩和させる方法です。

生活動作改善練習

身体機能の低下や認知症、様々な状態においても自宅での生活が安心安全に行えるよう、利用者個々の身体機能や認知症の状態、残存(潜在)機能に合わせた、最適な生活環境の改善及び工夫を利用者及び家族へ提案しています。

例えば・・・
楽しみながら機能回復できるデイサービス 『ベッドからの起き上がりが困難になってきた場合』
①個別機能改善練習
a) 起き上がりしやすい体重移動の練習
b) 上肢・体幹・下肢の筋力強化など
②環境改善 
a) 把持しやすい手すりの形状・取り付け位置や高さの提案(福祉用具)
b) ベッドの高さや幅の提案(福祉用具)    
③介助法の説明 : 家族の介護負担の少ない介助法のアドバイス

機能改善練習

機能改善自己練習

自発的に活動を行うことは、機能改善を行う上で最も大切なことです。
地域密着型デイサービスえにしでも利用者の機能状態に合わせ、自力で行える運動を提供していきます。
※施設内では万が一に備え、即時対応できる場所で職員が待機しています。

機能改善練習

機能改善練習

バランス練習

転倒予防や骨盤の可動拡大を目的に行います。

機能改善練習

いろいろなリハビリ体操

体の柔軟、筋力増強、可動域拡大、俊敏性向上、転倒予防などを目的として、いろいろな体操を準備しています。(一部を紹介します。)

A)柔軟体操  一日の活動開始時に体の柔軟を図るため行います。
B)ゴム体操  筋力増強の効果があります。
機能改善練習
C)棒体操  関節の可動域、俊敏性の向上の効果があります。
D)輪体操  関節の可動域、体の柔軟の効果があります。
E)ボール体操  筋のストレッチングや、筋力増強の効果があります。
F)転倒予防体操  立位の安定を保つ筋(抗重力筋)向上の効果があります。
※個別機能改善練習は、上記の運動以外にも利用者一人ひとりに合わせた(痛みや動作制限など) 内容の練習を提供していきます。

「いいあんべー」療法

機能改善練習

◎機能改善練習は、機能訓練指導員を中心に全職員で、利用者のペースに合わせ行っています。
◎事前に、血圧、脈拍、体温、SpO2を測定し、体をほぐして(柔軟運動)から行います。
◎必要に応じ、主治医、介護支援専門員と連携して実施します。
◎自宅環境を考慮した、練習を多く取り入れていきます。

基本理念

~認知症予防活動 脳のトレーニングで認知症予防!~

簡単な読み書きや計算、模写や塗り絵、遊びをコミュニケーションをとりながら行うことで、脳の働き(大脳:前頭葉)を活性化し、利用者の認知症の予防及び緩和することを目的としています。
地域密着型デイサービスえにしでは一人一人に必要な運動法・運動量をアドバイスしています。

例えば下記のような活動を日常的に行っています。
楽しみながら機能回復できるデイサービス ①新聞を声に出して読む
目で「読む」だけでなく声を出す「音読」は、視覚と同時に聴覚も刺激するので脳全体が活発に働きます
②「生活習慣病」にも「認知症」にもいい『有酸素運動』を行う
体内に酸素を取り入れる「有酸素運動」は、脂肪を燃焼しやすくして生活習慣病を予防すると同時に、脳血流を良くし認知症予防も期待できます。
日常的に体操や散歩などを20~30分程行うと効果的です。
③手先を多く動かす活動や運動を行う
手や指を動かす細かい作業は、脳の広範囲に良い刺激を与えます。手先を使う趣味を積極的に持てるように活動を提供していきます
④利用者が癒される活動を見つけだし提供する
「これをすると、心が癒される」という活動は、リラックスホルモンが脳内に分泌され覚醒させる効果があるといわれています
⑤他利用者や職員との対戦ゲームなどを取り入れて脳をフル活動
相手と対戦するゲームは、闘争心や集中力、思考力が求められ脳の活性化に効果的です

~利用者本位の認知症ケア~

地域密着型デイサービスえにしでは、少人数ケアの特性を生かし、認知症のために「日常の生活上 の不安」を抱えている利用者に対して、『尊厳』を持ったケアで支えていきます。 中核症状(記憶の問題、見当識低下の問題、理解・判断力の問題、実行力低下の問題な ど : 図1)に対し、人的環境及び物的環境を、利用者一人ひとりに合わせていくことで、 BPSD(認知症による生活障害)の出現を緩和・軽減することを目的に、介護計画を作 成し実施します。

中核症状・BPSD(周辺症状)とは?

中核症状=病気等により脳の機能が失われたために生じる症状
BPSD=「中核症状」により生活上対応すべきことに適応できない場合に、「本人の性格」や「環境」「身体状況」が加わり起こりやすくなる症状

中核症状にはどのような症状がありますか?

楽しみながら機能回復できるデイサービス 記憶の問題    
*さっき聞いたことが思い出せない
*覚えたいたはずの記憶が失われる
見当識低下の問題
   
*時間、季節、場所などの感覚が分からなくなる
*道順などが分からなくなる
理解・判断力の問題     
*考えるスピードが遅くなる 
*いつもと違うことで混乱しやすくなる
実行力低下の問題
    
*前もって計画をたてることができない
*家電や自動販売機が使いこなせない

~地域密着型デイサービスえにしの利用者・家族への支援~

利用者への支援

楽しみながら機能回復できるデイサービス①認知症の中核症状・BPSDの確認
②生活アセスメント
⇒ 24時間の中での生活困難時間帯の把握
③本人面談
⇒ 本人の「困っていること」や「希望 ~したい」の聞き取り
④ケア計画
⇒ 中核症状に合わせた環境整備及び人的支援の計画作成

家族への支援

①家族面談 ⇒ 家族の「困っている」の聞き取り
②生活アセスメント ⇒ 介護環境の把握
③認知症の理解 ⇒ 病気としての認知症の理解と介護の説明

見学大歓迎!

地域密着型デイサービスえにしサービス提供地域